水槽には加湿効果があるのか?

うちには水槽が4本あります。(水槽は本と数えます)熱帯魚を飼育しているのでヒーターを完備しているのですが、冬場になると気温よりもだいぶ水温が上昇しているのでガンガン蒸発していきます。

特にうちの水槽の1本はアクアテラリウムで蓋をしていないため蒸発の仕方が凄いです。気づいたら水がかなり減っていてヒーターがちょっと水上に出て煙が出ている場合があります。

すぐに水を足すのですが、その時に気になったのが、これだけ水が蒸発しているのなら加湿器の役割を果たしているのではという事です。日本の冬はかなり大気が乾燥しますからね。

冬場はガサガサの乾燥肌になる人もいます。そんな時に水槽は加湿器の役割を果たしているのでしょうか?実際に自分の部屋の湿度を計ってみました。

我が家では水槽は加湿器の役割していました

実際に我が家の部屋の湿度を計ってみましたが70%ぐらいあったので加湿器としての役割を果たしていると思います。魚や水草、水槽好きで家に加湿器があれば良いなと思っている方は是非水槽を始めてみるのはどうでしょうか?(笑)

ただし、家の窓には結露がついてますね。たぶん水槽がない家よりも沢山ついてる気がしますね。

ただし冬は結露がつきものですしね、しょうがないとあきらめています。

室温も上がっている

気温(室温)も計ってみたんですが、水槽がある部屋とない部屋ではある部屋の方が室温が高かったです。どうやらヒーターがあるおかげで少し温まっているみたいですね。

水槽様様ですね!

電気代がかかったり、エサ代がかかるなど家計を圧迫するばかりの水槽ですが実は陰から私たちの健康を支えてくれているみたいです。水槽がさらに好きになりました。

確かに、私自身冬場にあまり風邪をひかないのですが、水槽と関係があるのかな?(笑)無関係かもしれませんが…

とりあえずうちの魚に感謝しておきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です