タンパク質が口臭の原因になるの?

口臭には様々な原因がありますが、口臭の原因の多くは口腔内の問題と言われています。その中でも大きいのが細菌がタンパク質を餌えさとして分解する時に産生されるガス(硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなど)です。

間接的ではありますが、口臭の原因は口の中にあるタンパク質だと言えるのです。

色々な要因でタンパク質が存在している

口の中のタンパク質は様々な形で存在していて様々な要因で口の中に漂っています。タンパク質が存在する要因を下記にまとめてみました。

  • 食べカス、歯間に詰まった食材
  • 新陳代謝によって粘膜から剥がれ落ちた細胞
  • 細菌の死骸
  • 血液中のタンパク質

完全にタンパク質を除去するのは難しいですが、口腔内のタンパク質の量を減らすことは口臭対策の面から見るととっても重要です。

歯磨きだけでは全部の汚れは綺麗にならない

口臭対策やむし歯、歯周病対策で歯磨きを頻繁に行っている方もいますが、実はハブラシによるブラッシングだけでは60%ほどの汚れしか取れないそうです。つまり、口臭を本気で考えるのなら歯磨き+αのオーラルケアが必要になってくるのです。

当ページがオススメしているのは歯間ブラシやデンタルフロスなどで歯間のたんぱく質汚れを取り除くことと、マウスウォッシュを使って口腔内全体のタンパク質を洗い流すオーラルケアです。

ただ、一般的なマウスウォッシュは殺菌や抗菌は出来てもタンパク質汚れまで絡めとってくれる商品は少ないです。

オススメはゴッソトリノ

口臭ケアを意識している私が使っているのが、製薬会社が発売しているマウスウォッシュの『ゴッソトリノ』です。

ゴッソトリノは効果的にタンパク質を絡めとってくれるばかりか、タンパク質を絡めとると茶色いカスが溶液に浮くのでどれぐらいの量のタンパク質が取れたのか一目でわかります。

私も初めて使った時は、キレイにしているつもりだったのにゴッソリ汚れが取れたのでビックリしました。本気でタンパク質ケア、口臭ケアをしたい方にオススメのマウスウォッシュ(洗口液)です。

実際にゴッソトリノを使って感じた効果や口コミは下記のサイトで紹介しています。ゴッソトリノに興味があるという方はぜひ参考にしてみて下さい。

ゴッソトリノの効果はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です